代表師範 宮本 岳司

1977年12月7日生まれ
宮崎県延岡市出身

1985年 友人の影響で近所の極真会館中村道場に入門。入門してわずか2週間で県大会で優勝。

1989年 初段に合格。
中学時代は空手を休会、卓球部に所属し主将を務める。
高校では祖父や父が柔道をしていた影響もあり、全国屈指の柔道強豪高校に入学し柔道部に入部。

1993年 極真空手に復帰。

1994年 宮崎県大会一般部、西日本大会一般部で優勝。

1995年 全日本初出場。

1997年 第1回ワールドカップ団体戦日本代表に選出される。

1998年 上京し、名門 城南川崎支部に移籍。極真の名伯楽 廣重毅師範のもと数見肇など世界トップレベルの選手達と切磋琢磨する。

2005年 空手道 宮本道場をオープン。
その後、上田幹雄(極真空手世界チャンピオン)、森田奈男樹(JFKO全日本チャンピオン)をはじめ、多くのチャンピオン達を育てる。

2018年 全日本強化コーチになる。

2019年に関東地区を中心に全国から選手を集め指導を開始「チーム頂」を立ち上げる。

 

チーム頂の強化稽古映像

powered by crayon(クレヨン)